Blog TIDE REAL IDENTITY

TIDE株式会社タイド

真の価値を創造する空間へ。
www.tidestyle.co.jp

— 2014.10.08 —
TIDE.のデコレーション

先日、竣工したS様邸。

S様のこだわりが詰まった、素敵なお家が出来上がりました。

お引っ越し後、S様にご協力いただき、写真撮影をさせていただきました。

 

今回は、家具や、照明スタンド、小物にいたるまでプランさせていただいきました。これぞ、デコレーターのお仕事。

 

TIDE.には、インテリアコーディネーターはいません。(分かりやすく表現したいときは、便利に使いますが^^;)

空間のデコレーションまで手掛けるデコレーターが、すべてのプランニングを手掛けています。

14.05.28_TIDE 120.jpgこちら、LDK。

床は、ご主人様こだわりの、無垢オークのヘリンボーン。壁は、珪藻土を塗りました。

癒しの間接照明は、天井面と窓際に。カーテンに落ちる光が、なんとも素敵です。我ながら、美しい光の使い方ができたなあと^^

 

 

14.05.28_TIDE 094.jpg

床に敷いたハラコのラグや、きらきらのクッション、イサムノグチのローテーブルをご提案させていただきました。

 

S様お手持ちのブラックレザーのソファに合わせて、ハラコを敷くことで、空間が少しあか抜けます。重めの印象のどっしりしたソファには、ガラスのテーブルで軽くして。素敵なハラコの柄が、透けて見えます。

 

 

14.05.28_TIDE 098.jpg

キッチンは、奥様こだわりのCUCCINA。収納からキッチンまでそろえた、充実のコの字型。プラン段階から、中に収納するものを決めて、それにあわせて、棚や引出ののサイズを決める。オーダーキッチンだからこそできる技。

 

奥様のお気に入りは、CUCCINAというイタリアンな名前なのに、実はmade in Japan。安心の日本ブランドです^^

 

 

14.05.28_TIDE 100.jpg

 

撮影用に、キッチンには苺を飾ってみました。なんでかって?

私が好きだから(笑)

 

 

14.05.28_TIDE 106.jpg

 ダイニングのペンダント照明は、奥様に気に入っていただいた、パトリシア・ウルキオラのCaboche(カボシュ)。かぼちゃって意味。

その照明に合わせてセレクトしたダイニングテーブルとダイニングチェア。このチェア、私のお気に入り。猫脚を思わせる脚。クリアとブラックの背と座。デコラティブさとシャープさのバランスが絶妙^^

テーブルの向こうに、ちらりと見えるフロアスタンドは、FROSのSPUN LIGHT(スプ―ンライト)。

 

ヘリンボーンの床に珪藻土の壁。カーテンや、キッチンの大人し目な空間を黒で引き締めて、植物の緑で彩りを加える。

そんなデコレーションにしてみました。

 

 

今回は、ご新築の家を、設計、内外装のデザイン、インテリアのプランニング、そして室内のデコレーションまでご提案させていただきました。

 

これが本来の私たちTIDE.の目指す空間づくりなのです。

 

家を建てるのはあたりまえ。家具や、カーテン、家電製品はもちろんのこと。お手持ちの大切にしたい家具などとのバランスを見ながら、足りないものをご提案させていただく。家で使う花器や、フォトスタンド、トイレブラシから歯ブラシまで(笑)ご提案させていただきます。

 

家にあるものすべてが、バランスよく整った空間作りをしたい。素敵な住空間が、いかに気持ちよく過ごせるかを、みなさんに感じていただきたい。そう思っています。

 

今回の写真にたくさん写っていた、植物たち。

14.05.28_TIDE 113.jpg

14.05.28_TIDE 129.jpg

 

フラワーコーディネートのご協力をいただいたのは、I'llony の福田さん。芦屋にあるお花屋さんです。

この方、お電話で初めてお話しした時から、感性を持った、言語の通じる人だなと感じました。お話ししただけで、この方にお願いしようと決め、電話を切ってすぐにバスに乗って、会いに行きました。素敵な出会いでした。

 

福田さん、素敵な、フラワーコーディネートをありがとうございました。

 

私のまわりには、空間を素敵にするための、力強い協力者が少しずつ集まってきてくれています。

 

TIDE.のデザインも、ますます素敵になっていきます^^

 

M022 下山手通の家 神戸市中央区 New building