Blog TIDE REAL IDENTITY

TIDE株式会社タイド

真の価値を創造する空間へ。
www.tidestyle.co.jp

— 2017.10.12 —
まちデコオープニングパーティ参加

秋のインテリアウィークです。
10/7〜10/15の期間、大阪では『まちデコール2017』という都市型のイベントが開催されています。今年で5回目の開催になり、2017年のテーマは『HOME! SWEET HOME! やっぱり、今日は家に帰ろう!』ということで、インテリアのみならず暮らしに関わる大阪の企業が参加し、ワークショップや新作発表などを行っています。
私達が今回伺ったのは、10/5に行われた、まちデコオープニングパーティー『邂逅2』です。
去年は心斎橋のカフェで300人規模のパーティーだったそうですが、これが非常に好評だったそうで、今年は1000人規模に拡大、更に中之島中央公会堂という、メジャーかつ由緒ある場所での開催でした。
『邂逅』というタイトルのもと、その「思いがけず出会う」という意味を踏まえ、インテリアのブランドやショップの展開するブースだけでなく、ファッションショーやダンス、ライブ、ヘアメイクショーなど、「過ごす」ということについて様々な角度からアプローチするイベントです。
ドレスコードは邂逅にちなんで白。当日はファッション関係のゲストが多く、皆様とてもお洒落で、パーティーが始まる前からとても華やかな場所になっていました。
私は人生の9割方大阪に住んでいますが、この日まで中之島公会堂の中に入ったことはありませんでした。国指定重要文化財でありながら、今回のようにパーティーやコンサートなどの会場として度々登場します。壮麗で重厚な建物で、足を踏み入れると日本ではないような、アトラクションの中にいるような感覚になりました。
そんな非日常を感じる場所でのオープニングパーティです。
今回は中集会室というヨーロピアンスタイルで宮殿のようなレトロな趣のある空間に、現代的なデコレーション・ライティングが施され、バランス感がなんともお洒落な雰囲気でした。

IMG_1534.jpg

中心にランウェイ、その周りに各出展ブースが用意されていて、それぞれのショップやメーカーがブランドイメージを再現していましたが、フォトジェニックに仕上げられているので、ブースで写真を撮る人も多くいました。
ブースを使うとまるで雑誌の1ページのような写真になります。

IMG_1520.jpg

インテリアブースの周りに、大阪を中心に活躍しているデザイナーやカフェ、ヘアサロンのブースが構えられていて、飲食・物販は勿論の事、特にヘアサロンのブースではスタイリストによるヘアメイクを受けることが出来るサービスがあり、試しにサラロングの栃本チーフに受けて頂きました。
手際よくささっと仕上げて下さり、あっという間にエルサみたいになりました!
くるりんぱを繰り返すだけだと仰っていましたが、とは言え自分でやるとこうはならないんですよねー。。プロにセットしてもらって喜ばない人はいませんよね。ゲストのテンションを上げて、会場の雰囲気を上げる、素敵な演出です。

IMG_1524.JPG

そんなこんなしている間にファッションショーが始まりました。ファッションショーなんて見るのは生まれて初めてでしたが、私の身長のせいで正直ランウェイを歩いてるモデルさんはあまり見えませんでした。次のランウェイを前の方でみようと思っていたら、モデルさんがこっちに来ます。え?と会場がざわざわしていると、モデルさんがブースに入り、ポージングをし始め、シューティングタイムが始まりました。

IMG_1526.JPG

すごい近距離で撮らせて下さり、顔ちっさいわ可愛いわこっち見てくれるわ笑顔向けてくれるわ挙動一つ一つ可愛いわ。。この日一番テンション上がりました。
知らない間にいなくなっていたので妖精だったのかもしれません。
関コレのような大きなファッションショーでは有り得ない、この規模ならではの演出だったように思います。
今回のようにブースという限られた場所での見せ方や、ブースが仕上がった時の会場全体の見え方、何のお店に出店してもらい、何の商品を並べ、どのように提供するのか。ショーやイベントなどでの会場作りの難しさを感じました。
普段こういうイベントに行く機会がない分、インプットの一環として、機会がある時はまた訪れたいと思います。

IMG_0846.jpg