Blog TIDE REAL IDENTITY

TIDE株式会社タイド

真の価値を創造する空間へ。
www.tidestyle.co.jp

— 2018.08.16 —
新築住宅自社検査


先日土山町にできた新築住宅の自社検査がありました!
こちらの物件は2棟並んで建っているのですが、それぞれ違ったイメージで仕上げています。

まずは1棟目です!
IMGP0124-.jpgのサムネイル画像モノトーンでまとめられ、濃い色味が前面に出ていてシックな雰囲気の外観です。
ポストもステンレスのヘアラインのデザインで、スタイリッシュな印象です。

IMG-2277.jpgIMG-2278.jpgのサムネイル画像

内装は白系のフローリングに濃いウォールナットの建具を合わせたモダンテイストです。それに合わせ、クロスも落ち着いた色味の柄ものと、単色のものとを組み合わせ、空間にメリハリをつけています。
クロスを選ぶ時は全室の雰囲気を合わせつつ、両親の主寝室、男の子向けの部屋と女の子向けの部屋を想定して考えます。あくまでどちらかというと、というレベルの話ですので、単色のクロスでバランスを取り、中性的なイメージを目指して組み合わせています。

続いて2棟目です!
こちらは白をベースにナチュラルなイメージのお家になっています。とはいえ周りの環境とのバランスや1棟目との繋がりも考えなければなりませんので、こちらも外観はモノトーンです。

IMG_3223ー.jpgのサムネイル画像
門柱のタイルは1棟目とは違い、モザイクタイルで仕上げていますので、シンプルながらもランダムな組み合わせに動きを感られ、1棟目のスッキリとしたイメージとは違って感じられるのではないでしょうか。


IMG-2279.jpg
IMG-2280.jpgのサムネイル画像
こちらの内装は、メープルの柔らかい色味のフローリングに白い木目の建具を合わせ、明るく暖かみを感じる組み合わせになっています。
イエロー系の床にライトブルーやライトグレー、イエローなどのパステル・ニュートラル系統の色味を組み合わせ、北欧テイストの優しい雰囲気に仕上げています。

柄のクロスは家具やカーテンを選びにくいのでは・・・と思われるかもしれませんが、モノトーンはもちろん、その家の中に使われている色であれば、そこまでおかしな組み合わせにはならないと思います。
木製の家具を選ぶにしても、建具や床の色と合わせれば大抵マッチするのではないでしょうか。
海外ドラマを見ていると、柄クロスの色味に合わせてベッドカバーやカーテンを選び、同系統の色味でビビッドな締め色の家具を置くなどして、コーディネートを楽しんでいるのが伺えます。
これから新しく家を建てる方、リフォームを検討されている方、シンプルな空間も素敵ですが、色柄を組み合わせた空間も、案外落ち着けるものですよ。
これから内装考えるぞ!という方は、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

ちなみにTIDE.では、内装やお持ちの家具などに合わせ、カーテン・家具のご提案も致しますので、お気軽にご相談下さいね!