Blog TIDE REAL IDENTITY

TIDE株式会社タイド

真の価値を創造する空間へ。
www.tidestyle.co.jp

— 2018.08.23 —
暗い。。。でも好き!

わたくしごとではありますが、結婚して無事3周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに皆様のおかげであると思っております。
経済がまわれば家庭も上手くまわるというか。。。どうでもいいですね、すみません。

そんなこんなで先日記念日ディナーに出かけて参りました。
京都東山のど真ん中にある「THE  SODOH  HIGASHIYAMA」。
自身の挙式をした思い出の会場ですが、当日挙式と重ならなければランチ、ディナー、バーを楽しめます。
ここは昔、日本画の巨匠「竹内栖鳳」の別宅でしたが、現在はPlan・Do・Seeが管理・運営しています。
神戸にもオリエンタルホテルがありますが、HPで拝見すると重厚感がありとても綺麗です。さっそく今度行ってみたいと思います!

IMG_8417.jpg

隣には高台寺、近くには清水寺に続く2年坂、素敵です。
さすがジャパンが誇るエキゾチックキョートです。
暑いなか浴衣を着て観光して下さる外国人観光客の皆様、本当に有難うございます。
(猛暑が続いていることに何故か申し訳なさを感じてしまう、、、)

巨匠のお住まいだっただけあって、広大な敷地に作り込んだお庭、当時は贅沢であっただろうお屋敷。
歴史を感じる佇まいはそのままに、Plan・Do・Seeの仕掛けるうっとりするような内装が相まっています。
(美男美女揃いのスタッフさんからは、面接の合格水準が高いことが伺えます)
IMG_8433.jpg
IMG_8452.jpg
だけども!
夜になると暗い!!中も外も!特に入ってすぐの受付のところとか。
いえ、昼間もところどころ暗いんですけどね、昔の建築物なので開口部が狭いし、続き間が多いからどうしても。。
まだ若い私(30 前半)でも「段差ありますので」と言われてなければ、気付かずにコケていた可能性大。(もともとコケやすいですが)
確かにほの暗い雰囲気の方がムーディですが、食事に来られている方の中には高齢の方も見受けられます。
大丈夫かなぁ、足元まで見えてるのかなぁなどとハラハラしてしまいました。

照明って難しいですよね。。。
少し暗く感じる位の提案の方がかっこいいと感じるし、ピカピカ明るいよりは照度を落として、必要なところには間接照明を。。。
けど、こちらがそう思ったところで大事なのは実際に使う(住む)方の感じ方です。
明るさの感じ方って人それぞれですし、歳を重ねるにあたって必要最低限度の明るさは確保しなければなりませんし。
作り手と使い手の感覚のすり合わせをする作業って本当に大事ですよね。

とはいっても、私はSODOHが大好きです!
暗く格好良い店内、目にも舌にも美味しい料理、スタッフさんの対応含め。
最終的には、暗いのが何だ!!自分で照らして歩くので大丈夫です!!すみません!!と言って何度でも行きたくなる特別な場所です。言わなくていいですね。
現に案内して下さるスタッフさんは事前に暗いところを教えて下さいますし、意識していれば未然に防げることでもあります。
IMG_8448.jpg
IMG_8435.jpg
何かひっかかりがあっても、それを上回る期待感があって、むしろその空間の"顔"となってしまっているというか。。
そんな空間づくりが提案できるデザイナーになれるよう頑張ります⭐︎⭐︎